銀行系カードローンの特徴と借り方

カードローンには貸付をする会社ごとにいくつかの区分があります。
まず大手メガバンクが運営している銀行系のキャッシングです。
さらに昔ながらのサービスが充実した消費者金融系、さらには信販系があります。

そして最近では大手スーパーが運営する流通系のカードローンも見られるようになりました。
こうしたさまざまな借り入れの中でも最も金利が低く借りることが出来るのが銀行系のカードローンです。
現在銀行の預金金利は下がる傾向がありますが、年利や借りる場合の低金利は嬉しいサービスです。
金融系のカードローンは審査内容は非公開ながら審査基準を厳しくするなど審査はきちんとしているため、返済能力があると認められた方のみしか貸付がされません。

そのため会社はリスクを減らすことができるので他社と比べてメリットも多く、その分を利用者に金利の低さとして還元することができるのです。
返済総額を少なくしてお得に借り入れがしたいと考える方はこうした銀行系の借り入れをすることが大事です。

また銀行系のメリットに総量規制の対象外になるということがあります。
総量規制とは年収の1/3以上の借り入れをしてはいけないというものですが、住宅ローンやカーローンなど年収を上回る借り入れには適用されます。

ところが一般のキャッシングにはこうした総量規制が適用されて、借入額に制限がされてしまうのです。
銀行系のカードローンはこうした総量規制の対象外になるため、融資限度枠の範囲内なら気にすることなく、しっかりと借り入れをすることができるのです。

Fotolia_55908609_XS
主婦借入WEBで紹介されている通り、専業主婦もネット申込できますし、夫の同意や収入証明書も不要で申込出来ます。
スマホからでも24時間申込可能です。

返済も利息は含みますがリボルビング式なので月々の返済も安心な事から人気もあります。
大口の融資を希望される方はこうしたメリットの多い銀行系のカードローンに申し込むのが良いでしょう。

利用や借り入れもコンビニの提携ATMなら手数料無料で利用出来ます。
銀行系のカードローンは総量規制対象外ですし安心して利用できますが、既に複数の金融業者が貸付をしている場合は利用できない事もあります。